始まりは、ある伯爵が地域の農業振興のため農場試験場を設立し、研究・品種改良したことから。

立花家の専用農園「橘香園」の歴史は、明治維新後から始まります。立花家14代伯爵の寛治公が地域の農業振興のため、柳川に農事試験場を設立し、さまざまな農作物を国内外から集め、柳川の地に合う農作物かどうかを研究し、品種改良を行い続けました。


その試験場の品評会にて見出されたのが、早熟みかん「宮川早生」という日本初の早生みかんです。

続きはこちらをクリック

今では「山川みかん」のように各地の名を冠したブランドみかんとして広がり、全国の大半を占める早生品種になっていますが、はじまりは柳川で見つかりました。

その後、15代伯爵の鑑徳公により、その宮川早生温州みかんの普及のために1936年に福岡県大牟田市の山地を開墾して「橘香園」が作られました。

歴史ある積み立てられた石垣は、美しいだけではなく機能的

石垣が段をなして並ぶその佇まいは整然と美しいだけでなく、土壌の流出を防ぎ、水はけを良くする機能的な役割を果たしています。


歴史あるこの農園は三代に渡り大切に管理育成が行われ、現在は立花家17代(橘香園三代目園主)立花民雄が運営しています。

橘香園3代目園主 立花民雄

橘香園のみかん樹木は、80歳を超えるものも多くあり、農園の歴史を今も蜜柑で表現し続けています。


石垣に守られた水はけのよい肥沃な土壌、太陽と海風をたっぷり受け、絶好の環境で栽培された蜜柑は、ただ甘いだけでなく、糖度と酸味のバランスが取れたみかんとなります。さらにサイズ・カタチを選定したものが「伯爵蜜柑」となります。

橘香園の蜜柑は、減農薬で生産されている為、香りが豊富な皮の香りも楽しむことができます。


食べた後の皮は、お風呂にいれ、みかん風呂もお楽しみいただけます。

自然の恵を頂いている私たちにとって避けては通れず、みなさんに美味しいみかんをお届けできないのは歯痒い思いです。


それでも私たちは前を向き、今と向き合い歴史ある農園を守ってゆきます。ご提供できる数は少ないですが少しでも応援いただければ幸いです。

当園のレモンは、樹木を保護するための農薬以外使用しておりません。果実栽培中には、農薬を使用しておりませんので、安心して皮まで美味しく食べられます。


炭酸やお酒に皮ごとスライスして、香り高く、フレッシュで安全なレモンをお楽しみください。

非常に珍しい国産のベルガモットの果実です。

精油として使われることの多い柑橘ですので、果実での提供は非常に珍しいものとなります。


紅茶に浮かべて自家製アールグレイで、香り豊かなアフタヌーンティーをお楽しみください。

橘香園

立花伯爵家農園 橘香園

〒837-0902 福岡県大牟田市上内2987

電話番号 : 0944-58-0102 

営業時間 : 10:00〜16:00

Copyright (C) 2022 Kikkoen, All Rights Reserved.